今回のタバコは「峰」(日本たばこ産業)です。
たばこ 峰
なんとこのタバコ、2010年1月で国内の販売終了といわれています。
パッケージは至ってシンプル。峰という漢字が箱にデザインされているだけです。
金色をベースにしたデザインが渋いですね。
タール12mg、ニコチン0.9mgの製品です。1箱300円20本入りです。
タバコ本体にも峰の漢字が使われているのがさらに渋さを感じます。

 

 

 

たばこ 峰
 タバコの全長は84mm。タバコ葉は58mm。葉の方は少ししっとりとした感じです。
チャコールフィルターとプレーンフィルターの2重構造で、チャコールフィルターは10mm
ですね。他の製品に比べて少し短めです。プレーンフィルターは15mmです。
チャコールの密度は荒くもなく、多すぎる事もないといった感じではないでしょうか。

 

 

 

 味ははっきりとタバコの味を感じます。最初は渋めと思ったのですが、そのあとは
至って普通。でも、どっしりとした吸い口だと思います。どちらかというと玄人好みの味
な気がしました。出てくる煙の量は少なめ。灰もどっしりといった感じです。

 

 

 

たばこ 峰
 吸った後のフィルターはまんべんなく汚れています。フィルターを隅々まで使っている
といった感じです。チャコールフィルターのタバコ葉側と、プレーンフィルター側で汚れ方
が違う事もないようです。

 

 

 

 若干癖があるので、万人受けするタバコでない事だけは確かかもしれませんが、
タバコの味を味沸いたのであればお勧めできる銘柄かも知れません。
ただ、もうすぐ国内での販売が終わってしまうのが残念ですね。