たばこの森AMERICAN SPIRIT(アメリカンスピリット) サンタフェナチュラルタバコ社

AMERICAN SPIRIT(アメリカンスピリット) サンタフェナチュラルタバコ社

 今回はサンタフェナチュラルタバコ社のAMERICAN SPIRIT(アメリカンスピリット)です。
AMERICAN SPIRIT,アメリカンスピリット,サンタフェナチュラルタバコ社
正式にはナチュラルアメリカンスピリット(Natural American Spirit)だそうですね。
確かにパッケージの上には小さな文字でNATURALと表記されています。
ちなみにサンタフェナチュラルタバコ社はアメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタフェに
あるのだそうです。

 

 

 

今回試した製品はタール12mg、ニコチン1.7mgの製品です。
気がつかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、タールの量に比べてニコチンの量が
多いです(普通はタールの量の10分の1以下)。
値段は20本入り340円とちょっと高めです。

 

 

 

AMERICAN SPIRIT,アメリカンスピリット,サンタフェナチュラルタバコ社
 アメリカンスピリットはパッケージその側面を見ると「化学物質無添加」とあります。
この化学物質ですが、燃焼促進剤なんだそうです。
つまり、普通のタバコには燃焼促進剤が含まれているという事なんですね。
そういう事もあり、火がつきにくい紙タバコなのだそうです。
また灰皿に置いたままにしておくと自然鎮火してしまう事があるそうです。
まるで葉巻のような紙タバコですね。

 

 

 

もちろん化学物質無添加という事は、香料もついていないです。
だからからか、タバコからはまるで木屑のような香りがします。
これが本来のタバコの匂いなのでしょうか?

 

 

 

ちなみに以前は売り上げの一部はネイティブアメリカンの慈善団体への寄付や
美術館の設立資金の援助に使われていたそうですが、現在も行われているかどうかは
分かりません。でも、出来ればこういった寄付なら歓迎したいですね。

 

 

 

AMERICAN SPIRIT,アメリカンスピリット,サンタフェナチュラルタバコ社
 分解してみても、他のタバコに見られる香料の香りは一切ありません。
本当に木屑のような香りしかしません。タバコ本体の長さは83mm。
うち、タバコ葉は61mmでした。

 

 

 

AMERICAN SPIRIT,アメリカンスピリット,サンタフェナチュラルタバコ社
その後ろにチャコールフィルターとプレーンフィルターがあります。
長さはそれぞれ8mmと15mmでした。チャコールフィルターの粒子はかなり粗いです。
タバコ葉はとても乾燥していて硬いです。
紙で巻いている状態のものを触ると、他のとは明らかに固さが違います。

 

 

 

他のタバコよりも葉たばこの量が25%増量とパッケージには記載されているのですが、
どの製品と比べてなのかはよく分かりませんでした。
でも確かに触った感触はタバコ葉がしっかり詰まっているといった印象を受けます。

 

 

 

 吸った感想ですが、まず着火が遅いのがすぐに分かります。
普通の紙巻きタバコだとあまり吸い込まなくてもすぐにタバコに火がつきますが、
このアメリカンスピリットは、しっかりと吸い込まないと着火しない感じです。
また、味がとてもマイルドでした。
他のタール12mgの製品と比べても確実にマイルドです。
ニコチンが他のより多いというのも気になりません。

 

 

 

むしろ香料が入っていないためか、油ぽさ(タール?)が舌につくのがよく分かります。
しかし、タバコの良いマイルドな味がするので、全然嫌な印象を受けません。
燃焼は確かにゆっくりで、100sタイプのような燃焼の長さに思えます。
最後まで吸っていてとても吸いやすいタバコでした。
ただ、香料に慣れている人には物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

 

 

 

 吸った後のフィルターですが、汚れは薄いといった印象です。
他のタール12mgのタバコと比べると、やはり汚れは薄いのではないでしょうか。
しかし、フィルターはチャコールフィルターとプレーンフィルターともに、
均一に汚れています。

 

 

 

 香料の有無は好みを分けるかもしれませんが、味はとても良いと思います。
後は340円が味に比べて高いと思うか安いと思うかですね。
個人的にはこの味なら高くはないと思います(安いとはさすがに思いませんが)。