ALASKA MENTHOL(SALEMセーラム) 日本たばこ産業およびJTインターナショナル

ALASKA MENTHOL(SALEMセーラム) 日本たばこ産業およびJTインターナショナル

 今回のタバコは日本たばこ産業およびJTインターナショナル製造の
セーラム(SALEM)の中でも、ALASKA MENTHOLです。
ALASKA MENTHOL,SALEM,セーラム,日本たばこ産業,JTインターナショナル
20本入り320円の商品です。国内では日本たばこ産業が製造元ですが、
北米に限りR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーが製造しているのだそうです。
セーラムの由来はその本拠地のあるノースカロライナ州ウィンストン・セーラムとの事。

 

 

 

 アラスカメンソールは、トリプルミント製法としてペパーミント・コーンミント・スペアミントを
バランスでブレンドしています。
刻み・フィルター・内包アルミの3つの部位にメンソールを加香しているのだそうです。キャッチコピーは、「凍りつくような超強メンソール感」だとか。

 

 

 

 まず、中の銀紙ですが、メンソールの香りはするのですが、タバコから移り香したような
かすかな香りでした。しかしタバコからはメンソールの香りがはっきりとします
。プレーンフィルターの中心部分に青いメンソールが見えます。

 

 

 

ALASKA MENTHOL,SALEM,セーラム,日本たばこ産業,JTインターナショナル
 タバコの全長は84mm。タバコ葉は60mmでした。葉たばこに鼻を近づけると、
ミントのすがすがしい香りがします。タバコ葉をほぐすと、はっきりとミントの香りがして
気持ちいいです。タバコ葉自体は乾燥していて柔らかめ。フィルターはプレーンフィルター
のみで24mm。中心にあるのは青い糸でした。フィルターからもミントの香りがします。
ALASKA MENTHOL,SALEM,セーラム,日本たばこ産業,JTインターナショナル

 

 

 

 

 吸った感想ですが、ミントの香りが正直強すぎます。
タバコの味がミントに負けています。目覚めの一本として吸うのはありかも
しれませんが、タバコ自体を楽しみたいのであれば個人的にはお勧めできない味です。
最初から最後までミントの味の方がタバコの味よりも強烈でした。灰は柔らかめ。
燃焼も幾分早かった気がします。

 

 

 

ALASKA MENTHOL,SALEM,セーラム,日本たばこ産業,JTインターナショナル
 吸った後のフィルターを見てみると、中央部は汚れていますが表面はさほどでも
ありません。さすがに中心の青い糸は茶色く多少汚れていました。

 

 

 

 ミントの味や目覚めの1本として吸うのであれば、それはそれでよいかも知れませんが、タバコの味を求めるのであれば、正直お勧めできないタバコです。