PHILIP MORRIS(フィリップモリス)

PHILIP MORRIS(フィリップモリス)

 今回のタバコはPHILIP MORRIS(フィリップモリス)です。
PHILIP MORRIS,フィリップモリス
発売元は名前と同じフィリップモリス社。
ちなみに現在輸入されている製品の原産国はドイツだそうです。
20本入り100sボックスで300円と、100sボックスにしては良心的な値段ですね。

 

 

 

今回はスーパーライトのタール5mg、ニコチン0.4mgを試しました。
フレーバーにバニラが使用されているそうです。
青のシンプルなデザインが良いと思います。
あまり派手すぎず、しっかりと製品名が視野に入るのはなかなか良いデザインではないでしょうか。

 

 

 

PHILIP MORRIS,フィリップモリス
 タバコ本体の長さは98mm。やっぱり100sと記載されても、
100mm無いものばかりです。タバコ葉は約71mm。
青いラインよりも少し奧まで葉があります。微かにですが、バニラの香りがします。
フィルターはチャコールフィルターとプレーンフィルターの2重構造。
チャコールフィルターは12mmで、プレーンフィルターは15mmでした。
チャコールフィルターは、チャコールが多いようですが、粒が大きい感じです。

 

 

 

 吸った感想ですが、ほのかにバニラの味と香りはしますが、
タバコの味そのものを邪魔するほどではありません。
タール5mgのためか、とても吸いやすく、癖もあまりないタバコです。
煙はそれなりに出ますが、さほど煙たいという事はありませんでした。
むしろ味が程よいので、とても心地よい感じにさせてくれます。

 

 

 

PHILIP MORRIS,フィリップモリス
 吸った後のフィルターですが、チャコールフィルターは完全に汚れていますが、
プレーンフィルターの表面はほとんど汚れていません。
中心部のみ汚れるといった感じです。
ただ、吸っていたときは煙が1カ所から吸い込まれる感じはしませんでした。
 全体的に良くまとまっているタバコで、値段的にも良いタバコと言えるのではないでしょうか。


念のため:記録
結構役に立ったカードローンの比較サイト

自賠責保険のオススメサイトを見ます。